ウッドベル 整備 修理 作業 スタッフブログ

三重県松阪市 新車、未使用車、中古車、車検、整備、総合カーディーラーウッドベルです!

クラウン H16 GRS182 触媒後 O2センサー交換

みなさまこんにちは! 新三雲店 メカニック 堤田です。

 今回はクラウンのO2センサーを交換させて

いただきましたのでご紹介いたします。

まずはお車の紹介です。

年式 平成16年 6月

通称名  トヨタ クラウン

型式  CBA-GRS182

お客様の訴え   黄色のエンジンのチェックランプがたまに点くようになった

診断機Gスキャンでの診断結果  不良コードP0057 

                                                     O2センサーヒーター性能低下

               箇所はB2S2です。

(B2S2とはエンジンがV6なので左バンクの触媒後という意味です。)

 

こちらがお車の顔です。

f:id:e-woodbell:20200807111116p:plain

 

 

ゼロクラウンですね。発売された当時は大変人気がありましたね。

ピカピカにされていて大切に乗られているようです。

では早速作業にかからせていただきます。

f:id:e-woodbell:20200803190116j:plain

いきなりですがO2センサーは交換させていただきました。

市販の工具ではフレームが邪魔で入りにくかったです。

バールで少しだけエキゾーストパイプを下げると何とか工具が入ります。

次は事前に撮影していた

センサーを新旧で見比べます。

f:id:e-woodbell:20200803190520j:plain

センサー部分をアップにします。

f:id:e-woodbell:20200803190605j:plain

古い方はまっ黒ですね。

それでは取り付けの続きをいたします。

最後に配線を室内へ通線します。

f:id:e-woodbell:20200803190856j:plain

赤丸部分が室内側への配線です。

快適性を考えてのカプラーの位置だと思います。

大変よく出来ていますね。

あとはカーペットなどを元に戻して,今回の不良コードをリセットして完成です。

これで不安も解消され、快適にお乗りいただけることでしょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。