ウッドベル 整備 修理 作業 スタッフブログ

三重県松阪市 新車、未使用車、中古車、車検、整備、総合カーディーラーウッドベルです!

f:id:e-woodbell:20201225173746p:plain

RA6 サイドブレーキランプ点灯

みなさまこんにちは! 新三雲店 メカニック 堤田です。

 今回はホンダ オデッセイのサイドブレーキランプ点灯

しっぱなしなのを修理させていただきましたので

ご紹介いたします。

まずはお車のデータです。

年式 平成15年 8月

通称名  ホンダ オデッセイ

型式  LA-RA6

走行距離 約120,000KM

こちらがお車の顔です。

f:id:e-woodbell:20201008184434j:plain

大変人気があった車種ですね。

サイドブレーキランプ警告灯がメーターの中にあります

デザインはこちらです。

f:id:e-woodbell:20201008184707j:plain

普段お車に乗られている方なら

おなじみのサイドブレーキを引いた時に

メーターの中で光る警告灯ですね。

とりあえず診断機を接続して診ますと

以下のような不良コードが出ました。

f:id:e-woodbell:20201008185209j:plain

お車での場所はこちらです。

f:id:e-woodbell:20201008185538j:plain

赤丸が「インレットソレノイドバルブ」が内蔵されている

ABSモジュレータという部品です。

黄丸がパワステオイルのリザーバタンクです。

ABSモジュレータをもっと近くで見てみます。

f:id:e-woodbell:20201008190411j:plain

オイルで汚れていますね。

上から汚れているのでおそらく過去にパワステオイルを補充

する時にこぼしたのかなと思われます。

こちらはとりあえずキレイに掃除します。

f:id:e-woodbell:20201008191708j:plain

キレイになりました。

サービスマニュアルでは一度リセットして再発がなければ

一過性(たまたま一度エラーが発生しただけ)なので修理が

終了になります。

今回の場合は再発がありませんでしたので「不良コード」

に関してはスッキリはしませんがこれ以上原因を追えないので

終了といたします。

それではもともとの警告灯の診断に戻りますが

サイドブレーキ警告灯のみ点灯する場合は

1、サイドブレーキを引いた時

2、ブレーキオイルリザーバタンクの量が減った時

以上の2つです。

とりあえずリザーバタンクの方から疑ってみます。

リザーバタンクの画像はこちらです。

f:id:e-woodbell:20201010184209j:plain

赤丸部分がリザーバタンクです。(画像は修理後のものです。キレイです)。

このリザーバタンクに「浮き」が入っていてリザーバタンク内

のブレーキオイル量を常に監視しているという単純な

構造のものです。

診てみた結果ブレーキオイルは上限まで入っていても

その「浮き」が沈んでいたので強制的に引き上げてみると

警告灯は消えました。

ここで原因はリザーバタンク中の「浮き」の不良と確定しました。

そしてお客様のご了解の上リザーバタンクを交換いたしました。

(「浮き」はリザーバタンク内蔵式なんです)

外した部品がこちらです。

f:id:e-woodbell:20201010190056j:plain

次は上から見てみます。

f:id:e-woodbell:20201010194007j:plain

赤点の部分が「浮き」です。

それにしても中が汚れていますね。

今回のお車がどれくらいの頻度でブレーキオイルを

交換していたのかはわかりませんが車検の時くらいは

ブレーキオイルを交換しないといけないなと改めて

思いました。

今回は長くなりましたが、

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

せっかくお付き合いいただいても

何も特典がなくてすみません(笑)