ウッドベル スタッフBlog

三重県松阪市 新車、未使用車、中古車、車検、整備、総合カーディーラーウッドベルです!

H30.4/13 新タイヤチェンジャーと新ホイールバランサー誕生!! 花岡店メカ二ック

 

こんにちは!!花岡店メカニックです(^v^)

つらい花粉の時期もあと少しで弱くなってきたような・・・

それに温かくなってきたので作業しやすいです!!

 

さて今日は待ちに待った最新のタイヤ交換に必要なタイヤチェンジャーと回転バランスをみるホイールバランサを買って頂きました。

f:id:e-woodbell:20180413190057j:plain f:id:e-woodbell:20180413190133j:plain

ピカピカの☆彡チェンジャーです。かなりハイテクで最大で25インチまでいけるそうです。そして、バランサーは何とセットから全て全自動!!今までのバランサーと比べてこれは実際かなり進化していて作業もかなり早くなりました♪♪ 

f:id:e-woodbell:20180413190232j:plain f:id:e-woodbell:20180413190322j:plain

バランスを調整するウエイトが入った棚や入れ物も、新品の隣の立ち位置と言うことで、我が腕利きの鈑金チームに磨き、塗装、コート、と作成して頂き、そして配線、ホースのレイアウトまでこだわり、かなりの出来栄えです。

僕らメカニックは工具や設備が変わるとなぜか、作業するのが楽しみになりますね♪♪

ばんばんタイヤ交換していこうと思います。

 

 

H30.4/5  アクティトラック エンジン暖気後エンスト&エンジン始動不良  花岡店メカニック

こんにちは!!

4月に入りようやく、あったかくなってきてメカニックとしては、作業のしやすい日になってきました。

本日は動かない車が入ってきました。

しかし・・・エンジンが冷えている時はかかって、あったまってくると調子が悪くなりエンスト。そして以降、冷えるまでエンジンがかからない。

なかなか変わった症状です。年式と距離を考えると診断前に乗換えおすすめも有りかなと思ったりもしましたが、とりあえずメカニックとしては原因が気になる。

ってことで早速診断していきます。

キャブ車の診断にはベテランの先輩がたくさんいますので、アドバイスをもらいつつ診断を進めていきます。

 

f:id:e-woodbell:20180405135823j:plain f:id:e-woodbell:20180405135924j:plain

キャブ車アクティのエンジン不調の診断には見るポイントが何点かあるそうで・・・

イグニッションスイッチ、イグナイタ、エアベントソレノイドバルブ、がよく悪くなるそうで、エアクリをはずしてアクセルを吹かす、ヒーターコントロールを動かす、点火タイミングをみる 。などなど、それぞれ点検致しました。結果、点火の状態が悪かったのでディスビに側面につくイグナイタを外して点検してみます。

f:id:e-woodbell:20180405140004j:plain f:id:e-woodbell:20180405140049j:plain

そして見てみると、端子がカビている、ささる部分もひどり状態!!これかと思い接点復活させてみると、エンジンかかります。

部品を新品に交換し、試走して完了です。

ほっとしました。

 

 

3/25 花岡店 車のコーティング

こんにちは、今年4月からウッドベルに正社員として入社させていただきます小久保です。

3月も終わりに近づき暖かくなり過ごしやすくなってきました。

今回はウッドベルで行っているコーティングについて紹介していきます。

f:id:e-woodbell:20180325143436j:plain

まず始めに上記の写真はコーティングを行うのに必要な溶剤です。

こちらの溶剤を使い車にコーティングを行っていきます。

しかし、コーティングを行う前にやらなければならないことがあります。

f:id:e-woodbell:20180325144854j:plain

それは、上記の写真の溶剤を使うことです。

こちらはコンパウンドといい、車についた細かいキズなどを消すためにあるものです。

そして、コンパウンドでのキズ消しが終わって初めてコーティングを行っていきます。

f:id:e-woodbell:20180325150750j:plain  f:id:e-woodbell:20180325150650j:plain

コーティングを行う時は、こちらのスポンジを使用します。

このスポンジに溶剤をつけて車に塗っていきます。

ちなみにこのコーティングの溶剤は液状になっており、車のボディに塗っていく作業になります。

f:id:e-woodbell:20180325151514j:plain

↑ご覧のとおりスポンジにコーティング専用のタオルを巻き、車のボディに溶剤を塗っていきます。

コーティングの溶剤は直接車に塗っていきます。

f:id:e-woodbell:20180325152336j:plain

コーティング溶剤が塗り終わった後は、塗った溶剤のふきあげをしていきます。

↑写真に写っているタオルは普通のタオルと違い、コーティングを行う時に使用します。

理由は、このタオルは専用のタオルであり、これ以外のタオルを使用するとボディにムラができてしまい、最悪の場合キズができる場合があります。

しかし、専用のタオルで仕上げれば、↑ご覧の通り、車のボディに光沢ができ、鏡のようになります。

 

以上これで終わりではありますが、コーティングを行えば、あらゆる車が新車のような光沢ができ、見たお客様は驚きを隠せないと思います。

最後まで見ていただきどうもありがとうございました。

 

 

3/12 花岡店 VOXYのヘッドライトコーティング

こんにちは! 私この度ウッドベルに正社員として入社が決まりました小久保です!!

今日は、VOXYのヘッドライトコーティングを教えて頂きました。

こちらがヘッドライトを磨く前の状態です↓

ご覧の通り白く曇ってます。

f:id:e-woodbell:20180312161413j:plain

次は、ヘッドライトコーティングを施工するにあたっての下準備に入ります。

こちらがヘッドライトを磨く準備が出来た状態です↓

これは磨く時に、お客様のお車にキズを付けないためにしています。

f:id:e-woodbell:20180312162310j:plain

準備が終わり、いよいよヘッドライトを磨いていきます。

ヘッドライトの磨きは、2回に分けて磨いていきます。

こちらは、1回目の磨いている様子です。

手で隠れてはいますが、ヘッドライト用のスポンジで磨いております。

f:id:e-woodbell:20180312164456j:plain

そしてこちらが2回目のヘッドライトを磨いてる様子です↓

今度はスポンジではなく、専用の機械を使って磨いています。

これがヘッドライトを施工する流れとなっています。

f:id:e-woodbell:20180312170820j:plain

こちらが磨き終えたヘッドライトの状態です↓

最初と比べて全然違い、ヘッドライトの中が良く見えます。

そして最後に、この施工後のヘッドライトにコーティングして終了です。

出来栄えが目に見えて分かるので、やりがいがあります(^v^)

f:id:e-woodbell:20180312161413j:plain f:id:e-woodbell:20180312171650j:plain         

 

3/1  春の嵐  軽専門店

皆様こんにちは(^_^)/ 軽専門店かっさいです。

今朝は春の嵐で、飛ばされそうなくらいの強風でした!

いろいろ飛ばされそうでしたが、素敵なものも飛ばしてくれました。

 

大きな虹です(^○^)☆

f:id:e-woodbell:20180301205653j:plain

私も久しぶりに大きな虹を見てテンション上がりました!

また空がとてもきれいだったので、虹も綺麗に映えました。

良く見ると上にもう一段虹ができていて、またこれも綺麗でした。

 

この風に乗って、新車も未使用車もぞくぞく入荷中です(^^)

お車の小さなお悩みもお伺いいたしますので、

お気軽にお立ち寄りくださいませー.・*°+。・*

f:id:e-woodbell:20180301205556j:plain