ウッドベル 整備 修理 作業 スタッフブログ

三重県松阪市 新車、未使用車、中古車、車検、整備、総合カーディーラーウッドベルです!

f:id:e-woodbell:20201225173746p:plain

ムーヴ ABSユニット交換 (ブレーキアクチュエータ)

みなさまこんにちは! 花岡店 メカニック 堤田です。

 今回はムーヴのABSユニットの交換をご紹介いたします。

※部品の正式名はブレーキアクチュエータといいます。

 まずはお車のデータです。

年式 平成27年 2月

通称名  ダイハツ ムーヴ

型式  DBAーLA150S

走行距離  50、000KM

まずはお車のお顔です。

f:id:e-woodbell:20220318134309j:plain

板金整備中なのでバンパー等ございませんが

キリっとしたヘッドライトがカッコイイですね。

赤丸部分がブレーキアクチュエータです。

早速、交換いたします

当然、参考にされる方は自己責任お願い致します。

f:id:e-woodbell:20220318134941j:plain

黒丸が交換後の部品です。

交換自体は見えている物を外せば交換できます。

問題はエア抜き初期学習(テストモード)です。

まずはエア抜きです。

※ブレーキオイルは1.5Lくらい使用しました。

マニュアルには脱着の場合はありますが

「交換の場合」というのがありませんでしたので当方が行った

方法を載せます。

1、普通にブレーキペダルを踏んで4輪ともエア抜きをします。

理由はマニュアルには書いていませんが新品のブレーキアクチュエータに全く

ブレーキオイルが入っていないかもしれないと思ったからです。

2、あとはマニュアルと同じです。

診断機で3次系リペアエアと2次系リペアエアを実施後

普通に4輪ともエア抜きをします。

3,作業した箇所を綺麗にした後、エンジンをかけてしっかりブレーキを

踏み込み、踏みしろブレーキオイルの漏れがないことを確認します。

 

これでエア抜き作業は完了です。

次はテストモードです。

ここで勘違いしやすいのは

診断機にテストモードはありません

ここを勘違いすると時間をロスします。

ブレーキアクチュエータを交換後キーをオンにすると

自動的にテストモードになります

この時にチェックランプが色々点滅しますが

これがテストモードに入った合図です。

正常です!

診断機で不良コードをチェックするとたくさん不良コードが出ますが

正常です!

次に示す表の動作をすればチェックランプは消え、不良コードも

消えます。

f:id:e-woodbell:20220318152749j:plain

8項目の動作でECUが勝手に学習します。

最後に念のため診断機にて不良コードがない事を確認して完了です。

参考になれば幸いです。